茶道専門部会の活動
 茶道とは「茶の湯」によって精神を修養し、交際礼法を究める道です。室町時代から始まり、安土桃山時代に千利休によって完成されました。  
 当専門部会は、他の専門部会と異なり競技性はありませんが、流派の壁を越えて、それぞれの「習い」の中から一碗の抹茶を点て、おもてなしすることを目的として活動しています。夏には、茶碗作り、お菓子作り、家元研修会などを行い、秋の総文祭では、総合開会式・閉会式での呈茶や高校生茶会などで日頃の活動成果を披露しています。


茶道専門部会ホ−ム−ジへのリンク