吟詠剣詩舞専門部会の活動
吟詠剣詩舞専門部は、目的が「いにしえの漢詩の心を現代感覚に引寄せて歌う」ことであり、それが日本の文化や日本文化の華を見直し、日本のこころを表現することにつながればと考えています。平成14年には「全高総文祭・神奈川大会」を成功裏に開催し、生徒・指導者共に大変自信を深めました。将来は、高校生の主体的な活動になり、「吟詠剣詩舞を通じた青少年の健全育成」の役割が担えることを念願しています。本年は 8 月に「全高総文祭・福井大会」に参加し、11月には「第4回高等学校吟詠剣詩舞発表会」を開催します。吟・剣・詩・舞の構成吟の予定で、舞台・照明や音響に新しい趣向を凝らすべく準備をしています。